製造工程 梅干

梅干の一次加工

(1)収穫
梅干にする梅は木で熟し黄色くなって自然落下してきたものを使用します。6月中旬頃、地面に青いネットを敷き、毎日収穫します。

収穫

(2)洗浄・選別
収穫した完熟梅は洗浄し、サイズや品質ごとに選別します。

洗浄・選別

(3)水浸漬
選別した梅をコンテナに入れ、水に約30分漬けます。平成20年より果実の中に混入する小さな虫(ケシキスイ類)を除去する目的で推奨され地域で取り組んでいます。

水浸漬

(4)塩漬け
水漬けした梅はタンクに入れて塩分20%に仕上がるように塩を上から撒きます。その後、重石をして約1ヶ月以上タンクで熟成させます。

塩漬け

(5)天日干し
8月頃から天日干しが始まり、一粒づつ裏・表と返しながら干していきます。

天日干し

(6)選別・樽詰め
塩分約20%に干し上がった梅干は、紀州の選別基準に基づいて品質・サイズを一粒づつ見分けながら樽に詰めます。

選別・樽詰め

梅干の二次加工

(1)洗浄・脱塩
塩分約20%の原料梅は、等級・サイズごとに洗浄し、約半日かけて脱塩します。

洗浄・脱塩

(2)漬込み
カツオや昆布などからとったダシや蜂蜜等を加えて自社オリジナルの調味液を作り、そこに脱塩した梅干を漬け込みます。

漬込み

(3)品質管理
漬け込んだ梅干は味や塩度、酸度など各製品の基準値になるよう調整します。また、微生物検査なども行い、お客様に安心で安全な製品がお届できるように品質検査を行っています。

品質管理

(4)充填
品質基準をクリアし漬け上がった梅干は一粒づつ品質やサイズを確認しながら容器に充填しています。特に南高梅は皮が薄い為、一粒づつ手作業で丁寧に充填しています。

充填

(5)検品・梱包・出荷
充填した製品はそれぞれ検品し、梱包した後出荷します。

検品・梱包・出荷

ページTOPへ戻る

  • 製造工程 梅干
  • 製造工程 梅酒
  • 製造工程 梅加工品
株式会社 濱田
〒646-0101 和歌山県田辺市上芳養391
TEL 0739-37-0044/FAX 0739-37-0177